MENU

子供が小さい時に描いた絵はファイルにして保存していますか?

今の時代、モノがかさばっている生活よりも
スリムにデジタル化して保存するのが当たり前になって来ていますが、
子供が小さい頃に描いた絵などは実際どんな風に
保存して行ったらいいのか分からないと言うお宅も多い様です。

 

文房具屋で専用のファイルを買ってきて、
大きい画用紙に学校で描いた絵を保存して行くのは楽しいですが、
実際ファイリングし終わった後にその絵を見る機会があるのか?

 

と考えると、殆ど無いそうです。
ファイルにしたら押し入れの物入れの奥の方に仕舞っちゃうので、
見るとしたら何となく思い出した時か押し入れの整理を
している時になる傾向があるそうなのです。

 

それは、せっかくの一大傑作をいつでも見られないなんてオカしい!
と言う事で、だったら額縁を買ってきて
額装して壁に展示した方がいいんじゃないか?とも思いますが、
実際の所描いた本人からしたら、そんな恥ずかしい絵が
常時家に展示されてたら困る!と言うのが大半の意見なので、
なかなか難しいかも知れません。

 

そんな時に便利なのが、絵を写真で撮影したりスキャナーでスキャンしたりして
画像として保存しておくと言う方法です。

 

画像が消えたら困る!と言う方はバックアップを
色んな所に置いておくと言う手もありますが、
他にもデジタル画像を本にしてくれるサービスなども充実しているので、
子供の描いた絵の写真集などを作っても良いかも知れません。

 

そうなると、自宅のちょっとした本棚に収納する事が出来るので、
昔描いたあの絵となった時に本をめくって「ああーコレだ!」
とまたいつでも懐かしむ事が出来るのです。

 

と言う様に、今は色んな形で保存する事が出来るので、
色々試して行って欲しいものです。

このページの先頭へ